配信

【今日から実践!】基礎的な人付き合い5つのコツ

人付き合いのコツ

この記事はこんな人におすすめ!!

①とにかく人付き合いが苦手

②友達を作りたい

目次

#.1はじめに

#.2自分から挨拶をしに行く

#.3相手の話を聞く

#.4一定の距離感は保つ

#.5会話だけでもポジティブに

#.6最低限の義理は心掛ける

#.7まとめ

はじめに

このサイトは「ネット活動者のすゝめ」ということですが、今回の記事は、ネット活動に置いてだけでなく、日常生活でも役立つように書いていきたいと思います。

また、この記事に書くことは、いわゆる“あたりまえ”と言われてしまう事です。「やってしまってた…」という方は、是非これから心掛けてみましょう。

自分から挨拶をしに行く

人間関係はやはり挨拶に始まり、挨拶に終わります。

例えば、1つのグループがあったとして、そこに何の挨拶もなく知らない人が黙って入っていたら、純粋に怖くないですか?

私はとても怖いです…。

一言でもいいので、挨拶は欠かさないようにしましょう。そして、できれば自分から目を見て行いましょう。

それだけでも第一印象はかなり変わるはずです。

相手の話を聞く

生きていると、たまに「自分の事しか話さない人」っていませんか?

確かに自分の話を聞いてもらえるのは、気晴らしになりますし、嬉しいです。話したいという気持ちもわかります。

しかし、同時に相手の話も聞いてあげるようにしましょう。

そうすることで、「この人は私の話に興味がるんだ!」「この人とは話が弾むな!」という印象を持ってもらう事ができます。

一定の距離感は保つ

“親しき中にも礼儀あり”という慣用句がありますように、一定の距離感は必要です。

場合にもよりますが、例えば良く知りもしない相手にいきなり「年収」の話なんかはしないですよね?

また、知り合って初日でガツガツと質問責めにされたりすると、自然と拒否反応がでませんか?

まず最初は敬語を使いましょう。

慣れてきたら、その人との距離感を測っていけば良いと思います。

会話だけでもポジティブに

筆者もそうですが、元々ネガティブな方もいると思います。

むしろ、そういった方がこの記事に辿り着いているのではないかと思っています。

「会話だけでもポジティブに」要するに何が言いたいかというと、“外面”です。

“人の陰口を言わない”“暴力的な言葉を使わない”“つまらなそうな態度をしない”

他にも上げればありますが、「人にされて嫌なことをしない」ということですね。

最低限の義理は心掛ける

昔のドラマでもありましたが、“人は支え合って”生きています。

今の自分が自分の力だけで生きているというのはおこがましい考えです。

絶対に誰かに何処かでお世話になっているはずです。

無理に人助けを率先してやった方がいいと押し付けている訳ではありません。

ただ、自分に出来る範囲の最低限の義理人情だけは心掛けてみて下さい。

まとめ

基礎的な人付き合い5つのコツ

①自分から挨拶をしに行く

②相手の話を聞く

③一定の距離感は保つ

④会話だけでもポジティブに

⑤最低限の義理は心掛ける

以上の5つが私の思う人付き合いのコツです。

これを意識すれば、喧嘩にはならないでしょうし、好印象を与えることができるでしょう。

少しでも参考になったものがあれば、今日から実践してみて下さい!

ABOUT ME
しまざきくん
少しでも共感してくださった方は、界隈活性のため拡散協力していただけると助かります!
こちらの記事もおすゝめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です