配信

【初心者必見】セリフ枠の作り方徹底解説

セリフ枠の作り方

この記事はこんな人におすすめ!!

①これから台詞・台本配信を始めたいけどやり方が分からない…。

②自分のやり方が合っているのかわからない…。

目次

#.1セリフ枠に必要なもの

#.2台本の用意

#.3配信ソフトの設定

#.4台詞・台本配信に大事なこと

#.5これから演者を目指す方へ

セリフ枠に必要なもの

ここでは台詞・台本配信に必要な機材、設定を解説していきます。そもそも配信枠の開き方がわからないという方は先にこちらの記事をご一読下さい。

・【初心者必見】配信の始め方(準備中)

台詞・台本配信に必要になものは、大まかに以下の5つになります。

・PC

・台詞・台本

・配信ソフト(OBS,Xsplitなど)

・バイノーラルマイク ※ご購入検討の際は、下の記事をご参照ください。

【演者に聞いた】おすすめバイノーラルマイク5選!!(準備中)

・オーディオインターフェース(必要に応じて) ※ご購入検討の際は、下の記事をご参照ください。

【歌い手に聞いた】おすすめオーディオインターフェース5選!!(準備中)

台本の用意

これから台詞・台本配信をやってみたいけど、台本なんて書いたことないし、上手くできるか不安だな…。
この記事に辿り着いた方の中に、こういった方はとても多いのではないでしょうか?

ご安心ください!世の中には「台本師」と呼ばれる活動者様がたくさんおられます!

人には適材適所というものがあり、演じることが得意な方もいれば、執筆が得意な方もいらっしゃいます。活動に慣れてきたらご自身で執筆を挑戦するというスタイルでもいいのではないかと私は思います。台本師様については下記の記事でまとめさせていただきましたので、是非ご参考にどうぞ!

でも、別に絡みがある訳じゃないから声かけてもいいのか分からないよ…。
大丈夫です!台本師様はTwitterのダイレクトメッセージを開放していたり、何らかの連絡先をプロフィールに記載してくださっていることが多いです!まずは失礼の無いように挨拶から声をかけてみましょう!

配信ソフトの設定

機材、台本の用意ができたら次はいよいよ配信ソフトの設定です。

ここでは無料で使用できるOBSでの設定を解説いたします。

①自分の声を配信上でステレオ再生(立体音響)できるようしよう

<設定→音声→チャンネル“ここを「ステレオ」に変更してください”>

     

※画像のようにマイクの音量メーターが2本になったら成功です。

BGM・効果音を準備しよう

視聴者が感情移入しやすいよう、台詞・台本に合わせてBGM・効果音を用意しましょう。

【著作権フリーBGM・効果音DLサイト】※ご利用の際は必ず利用規約を読みましょう!

効果音ラボ様⇒https://soundeffect-lab.info/

魔王魂様⇒https://maoudamashii.jokersounds.com/

OtoLogic様⇒https://otologic.jp/

BGM・効果音の用意ができたらOBSに取り込んでいきます。

<ソース(右クリック)→追加→メディアソース→ファイルの選択>

ここがポイント

台詞・台本に合わせて使用順に上から並べておくと、本番でもたつかづに済みますね!

 

 

 

セリフ枠に大事なこと

セリフ枠に大事なことは、ズバリ「演技力」「度胸」です。

セリフ枠を見る方の多くは、一時の非日常と癒しを求めていることが多いです。

しかし、演技力が乏しく、いわゆる大根役者では正直聞けたものではありません…。

また、恥ずかしがってモゴモゴと演じている方も即ブラウザバックです…。

だって私たちも好きなドラマやアニメに棒読みの方が出ていたら「んー…キャストミス?」ってなりますよね?つまりはそういうことなんです…。

これから演者を目指す方へ

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

これから演者を目指す方へ、どのコンテンツでも言えることですが、一つの作品とは様々な方の努力で成り立っています。

演者は表舞台に立つ分、成功すればたくさんの評価を受けるでしょう。

しかし、その下には台本師様や盛り上げてくれた視聴者様の存在があったことを決して忘れないでください。

「感謝」の気持ちを忘れず、誠心誠意作品に対して向き合っていってください。

今後のご検討をお祈り申し上げます。

合わせて読みたい記事

ABOUT ME
しまざきくん
少しでも共感してくださった方は、界隈活性のため拡散協力していただけると助かります!
こちらの記事もおすゝめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です