配信

【徹底解説】新規視聴者(リスナー)獲得のノウハウ

この記事はこんな人におすすめ!!

①新規リスナーを増やしたい

②来てくれた初見さんに何をしたらいいかわからない

目次

#.1新規リスナーはどこから来るのか

#.2どうやって新規リスナーの興味を引くか

#.3新規リスナーが見る枠の価値

#.4まとめ

新規リスナーはどこから来るのか

ツイキャスで新規リスナーが枠に到達するルートには以下の3つあります。

①ツイキャストップページのおすすめ

②カテゴリ検索

③ライブ配信ツイート(オンツイ)

他にも「タグ検索」、「キーワード検索」がありますが、それはどちらかというと「凸待ちを探している凸者」の検索ルートかと思いますので、ここでは触れずにおきます。それでは、一つずつ解説していきましょう。

ツイキャストップページのおすすめ

ツイキャストップページのおすすめとは、いわゆる最初の画面です。正直ここに乗るか乗らないかで新規リスナーの獲得率は大きく変動します。

ここから来たという方が最も多いため、最重要ポイントです。では、ここに乗るためにどうしたらよいか。明確な基準は公表されていませんが、大体の予想は付けられます。

①にぎわいMP1000以上

②同時視聴者数が最低20名以上

③規制がかかっていない

コメント数は1桁でもおすすめに乗っている方もいるので詳しくはわかりませんが、上記3項目は意識するべきかと思われます。

カテゴリ検索

おすすめからの次に多いのが、このカテゴリ検索機能です。

左の画像の通り、自分の見たい配信ジャンルに属する配信を一括して表示することができます。

その中から好みの配信を探す新規リスナーさんも多いのではないでしょうか。

コツとしては、やはり全体数の多いカテゴリーはそれだけ需要があるということですので、新規リスナーさんも入ってきやすいです。

しかし、それと同時にに激戦区でもあるということですので、カテゴリ設定は十分に配慮しましょう。

ライブ配信ツイート(オンツイ)

このようなライブ配信のURLが乗ったツイートがタイムラインに流れてきたことはありませんか?

これがいわゆる「オンツイ」です。

これはリスナーさんにも促すことができ、「知り合いのオンツイから」という新規視聴者様も少なくありません。

 

どうやって新規リスナーの興味を引くか

どこから来るかは大体わかったけど、実際どうしたら自分を選んでもらえるんだろう…
しまざき
しまざき
その通り。検索ルートはわかっても、自分の配信に興味を持ってもらえなければ素通りです。これから、その方法を解説していきます。

興味を引くために配信者ができる事は、2つあります。

①サムネイルの工夫

②テロップ/配信開始メッセージの工夫

サムネイルの工夫

「サムネイル」とは、おすすめやカテゴリ検索に表示される画像のことです。

サムネイルは「開始時の配信画面」が適応されるため、配信開始前に「文字入れ」、「合成加工」などで準備をしておく必要があります。“わかりやすく”“興味を引く”の2点がポイントかと思われます。

本当はもっと凝った方が良いのですが、記事を書きながら簡単に作った「アイデンティティⅤ」配信でのサムネイル比較をしてみましょう。

 

 

 

 

いかがでしょう?こんなに簡単な文字入れ加工でも、興味を引くのは断然二枚目ではないでしょうか?

この数分の作業が新規リスナー獲得の分け目となります。

テロップ/配信開始メッセージの工夫

上の画像の赤丸の部分がテロップ/配信開始メッセージになります。

この場合、テロップが「軍パチTV」、配信開始メッセージが「福岡県」となります。

このように、一覧に表示される文字となるので、どの配信を見ようか迷っている方に興味を持ってもらう事を意識した発信を心がけてみてください。

新規リスナーが見る枠の

これで俺の枠にも初見さんが来てくれる!大手の道は近いぞ!
しまざき
しまざき
今まで紹介してきたのは、あくまで入ってきて貰う為の手順だよ。そこから固定リスナーになってくれるかは別の話さ。
え…じゃあどうしたらいいのさ…。
しまざき
しまざき
それは枠で何をするかコメント欄の雰囲気は悪くないかトークに聴く価値があるか…キミの力量次第さ!
なんか丸投げされた気分…
しまざき
しまざき
うーん…。じゃあ特別にコツを教えてあげよう!

枠に来てくれた新規リスナーさんがその後も通ってくれるかどうかは、“枠の価値”“人の価値”に依存するかと思います。

新規リスナーが見る価値

枠の価値…歌が上手い、トークが上手い、企画が上手い等の技術面

人の価値…優しい、媚びない、付いて行きたい等の精神面

正直、技術面は大手配信者には負けるでしょう。配信経験を積んでいくうちに身に付いて行く機転や裁量もあると思います。

また、いつでも100%のパフォーマンスで魅せられるという自信があるのであれば別ですが、「ダラダラと喋りたいナ…」なんて時もあるのが人間というものです。

技術面を疎かにしてよいという訳ではありませんが、力を入れるのであれば、精神面。いわゆる“人の価値”を上げる方がこれから始める方には向いているかもしれないと個人的には思います。

大切なのはアフターケア

本当に重要なのは「配信が終わった後」です。

多くの配信者がこれを面倒に思い、やらないからこそ、この記事を読んだ読者様はラッキーです。

配信が終わった後、来てくれた新規リスナーさんへ「フォローありがとう、仲良くしてください!」程度の一文でも、ダイレクトメッセージへ送信するとグンと株があがります。

「この人は考えてくれてる」、「自分を見てくれてる」という意識が働き、再度配信へ訪れてくれるようになります。ツイートへのいいね等も効果的ですね。

注意点

自発メッセージが過剰になり過ぎると、今度は引かれてしまい訪れてくれなくなってしまうでしょう。

そこはご自身で見極め、よく考えてから行ってください。

まとめ

今回の記事では、「新規リスナーの獲得」について解説してみましたが、お役に立てたでしょうか。

アフターケアと言葉を変えてはみても、やっていることはホストクラブのいわゆる「営業」となんら変わりません。

でも、それでいいんです。何も苦労もせずに応援するだけしてもらおうなんて言うのは、それこそ“虫がいい話”ではないでしょうか?

やり過ぎてはいけませんが、プライスレスなやり取りでお互いが幸せになれるのならこんなに生産的なことはありません。

それでは、今回はここまでです。読者様のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

合わせて読みたい記事

ABOUT ME
しまざきくん
少しでも共感してくださった方は、界隈活性のため拡散協力していただけると助かります!
こちらの記事もおすゝめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です